実際に賃貸物件に赴いて、周囲の環境や日差しや音環境、あるいは部屋の状態等を確認するのが内覧です。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸における内覧の方法と確認事項

賃貸物件探しで重要なポイントとなってくるのが内覧、内見と言われることもあります。これは。不動産会社等の間取り図をだけでは、日の当たりや、駅からの実際の道のり、周辺の環境などを知ることはできません。そのため、不動産会社に申し込みをして、実際に物件を確認します。できれば、日にちや時間を変えて、何回か訪れるのが良いのですが、忙しい中ではなかなかそうもいきません。1度の内見で、必要な情報をなるべく沢山集めることができるように確認ポイントを紹介します。

内見前には、自分が絶対に譲れない最低条件をリストアップしておくことをお勧めします。日当たりだったり、騒音だったりといったチェックポイントだけでなく、一日、そこで過ごすことをイメージしてみて、これは必要条件だと思うことはリストに入れておくようにします。内覧に行く際には、筆記用具とコンパス、カメラ、メジャーを持っていきます。スマホや携帯で代用できるのであれば、それでも良いです。また帰宅後に整理ができるように、部屋の印象や方角等をメモし、撮影するようにしましょう。

耐震性に関しても気になるところです。住宅性能表示制度の等級2以上は欲しいところですが、見た目では素人にはわかりませんので、不動産屋に確認するようにしましょう。