賃貸の物件探しにおいて、実際に内見する際におさえておきたいチェックポイントを紹介しましょう。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸を内見するときのチェックポイント

賃貸の物件探しにおいて、気に入った部屋が見つかったら、不動産会社に申し込んで内見をさせてもらいます。実際に内見する時におさえておきたいチェックポイントを紹介しましょう。最初にチェックすることは、不動産会社の人間は信頼できそうかということです。もし入居することになった場合には、その不動産会社を通して契約を結んだり、様々な連絡や相談をすることになります。非常に長い付き合いになります。大家さんとうまく連携し、入居から退居まで問題なく手続きが出来そうかどうか。あるいは、困ったときは相談に乗ってくれそうかどうか。そういったことを確認しておきましょう。

実際に物件のある場所に到着したら、廊下やエレベーターなどの共用部分が汚れていないかチェックしましょう。ゴミが散らかっていたり、共用部分の状況を見ることで、隣近所にどのような人が住んでいるか、あるいは管理が行き届いているのかといったことが確認できます。

住宅が傾いていると、めまいや吐き気などを感じることがあります。床が水平になっているか、建物は傾いていないかを調べるには、ビー玉を持参し、ビー玉を転がしてみることで確認することができます。またコンパスも持参して、日差しの方向を確認すると良いでしょう。