賃貸の物件探しをする時は、まず無理のない家賃を決め、次に住みたいエリアを決めます。そして情報サイトの活用です。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸選びはまず家賃、次にエリア

賃貸住宅に住む時の家賃の目安は手取り収入の30%以下、と言われていますが、30%以下なら大丈夫というわけではありません。他に車のローンがあったり、子供の塾代があったり、各世帯によってその他の支出が異なるでしょうから、30%はあくまでも上限であるということを覚えておきましょう。私は以前夫婦合わせて手取り35万円、家賃7万円の賃貸マンションに住んでいましたので、ちょうど20%ですが、それでも暮らしは楽ではありませんでした。夫婦揃って付き合いが多く、交際費の支出が多かったからです。あくまでも家計の状況に合わせて家賃を決めるべきです。

家賃が決まっても、該当する賃貸物件はまだ山のようにあります。その中で絞り込んでいくには次にエリアを決めます。住むエリアはとても重要です。一人暮らしなら自分の住みたい場所を選べば良いですが、家族が多いならよく話し合って決めなくてはなりません。夫婦共働きなら二人の通勤時間も考慮しなければなりません。また子供さんがいるご家庭なら、教育環境が整っているかどうかも重要になるでしょう。家賃と大体のエリアが決まったら、次はインターネットの出番です。賃貸情報を見られるサイトがいくつもありますので、大いに活用しましょう。