賃貸住宅の家賃は月収の3分の1ですが、あくまでも目安と考えながら納得できる良い物件を探しましょう。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸住宅の家賃はゆとりのある生活ができる額に!

賃貸住宅を探す前に決めておきたいのは、家賃の予算です。家賃の予算をハッキリと決めておかないと、立地も広さも決めることはできません。一般的に家賃の予算は、月収の3分の1が目安とされています。この目安を超えると生活費は苦しくなり、ゆとりのある暮らしができません。しかし、この月収の3分の1という目安は、賃貸物件を探す場所によって異なります。例えば、物価の高い東京なら月収の3分の1以内の家賃にしても、生活費が苦しくなることはあるでしょう。反対に物価の安い地方なら、もう少し広い部屋で金銭的にもゆとりを持ちながら暮らせるかもしれません。ですから、昔から家賃は月収の3分の1を目安にすると言われていますが、あくまでも目安ととらえて、自分の環境にあった額にしてください。

家賃の目安は月収の3分の1ですが、賃貸住宅を探しているほとんどの人は、できるだけ少ない家賃で良い物件に決めたいと考えるはずでしょう。そんな人におすすめなのは、リノベーションされた物件です。リノベーションをされた物件は、築年数は古いですが部屋の中は新築同然です。設備も最新式が備えられているので、築年数が古いことだけ妥協できれば、少ない家賃で快適な生活ができます。