賃貸住宅に住むなら契約書で禁止されている行為をしてはいけません。居住人数を勝手に増やすのも違反です。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸契約書の内容は遵守

賃貸住宅は、賃貸契約書に記されたルールを守って生活しなければなりません。ペットの飼育や設備の入れ替えなど、契約書にて禁止されている行為をしてはいけません。よく彼女のマンションに彼氏が転がり込む、などという表現をしますが、もし彼女のマンションが単身者用の賃貸で、契約書にて二人以上で居住することを禁止されているなら、これは契約違反になります。短期間なら良いとか、ばれなければ良いという問題ではありません。家賃を払っているのだから何人で住もうが勝手だ、と思う人もいるかもしれませんが、単身者用と決められているのは、家主が単身者にしか貸したくないからであり、二人で住むなら契約解除という話にもなりかねません。

結婚などで一時的に二人で住みたいなど、環境が変わった場合は、内緒で二人で住み始めるのではなく、家主さんに頼んでみたらどうでしょうか。引越し先が見つかるまで、などの短期間であれば、許可してくれるかもしれません。しかし基本的に単身者専用の賃貸物件であれば、他の入居者の手前もありますから二人以上の居住は拒否されるでしょう。早急に引越し先を探したほうが良いでしょう。内緒で住んでも水道の使用量が急に増えますので必ず分かります。