高齢者向けの民間賃貸住宅、サービス付き高齢者住宅など、介護が必要な高齢者の住まいの選択肢が増えました。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

高齢者が安心して住める賃貸住宅

一人で生活するのが難しい高齢者が入居する施設といえば、特別養護老人ホーム、民間の有料老人ホームが定番でしたが、最近はサービス付き高齢者住宅、という賃貸住宅が登場しています。介護が必要な高齢者が入居しても、医療サービスなどが受けられるということで安心して暮らせる住まいです。賃料は非常に高額で、医療サービスを受けなくても都内で20万円前後です。サービス付き高齢者住宅ほど医療サービスは充実していないものの、高齢者が暮らしやすいバリアフリー、外部への連絡ができるブザー、手すりなどがついた民間の賃貸住宅もあります。高齢者やその家族は、要介護レベルに合わせて住まいを選択できるようになりました。

家族が常に付き添い、介護できる状態であれば良いですが、それが難しい場合はこれらの施設を頼ることになります。24時間介護が受けられ、家族が安心でき、経済的負担も少ないのは特別養護老人ホームですが、希望者が多く、なかなか順番がまわってこない状況です。まずはエントリーをしておき、他の方法を探すことになるでしょう。民間の高齢者向け賃貸住宅は、比較的しっかりしていて身の回りのことは自分でできる高齢者に向いています。家賃も普通の賃貸住宅とあまり変わりません。