賃貸契約においてもっともトラブルが発生しやすい退去時。回避のために大切なのは入居時のチェックです。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸契約における入居時のチェック

賃貸契約においてもっともトラブルが発生しやすいタイミングとういのは退去する時です。退去時に、元々あった傷かどうかといったことで揉めて、後々敷金返還トラブルになることのないように、入居した直後に部屋の状況の確認作業をしておくようにしましょう。

入居直後には、できれば家具等を運び入れる前に、部屋の傷汚れ等の状況をスマホや携帯のカメラで良いので、日付入りで撮影し、設備などの不具合があれば、写真の他にメモも残しておくようにしましょう。特約が無い限り、基本的なルールとしては、入居者が故意・過失によって生じた傷汚れについては、借主側の負担で原状回復をしなければならない義務があるからです。そのため、退去の状態を確認したときに、その傷や汚れが前からあったものであることを証明するためにも、多少面倒ではあっても、こうした入居後のチェック資料を取っておくことは大事です。

入居してから1週間以内を目安にして、物件の設備や電気類が問題なく使えるか、水まわりに問題はないか、ドアや窓の開閉がスムーズにできるかなどを確認しておき、もし不具合や問題があれば不動産会社に連絡して報告しておきましょう。入居した初回だけの手間ですので、面倒がらずにチェックすることをお勧め致します。