私は賃貸物件に住んだことがない。一軒家購入時に、自分なりに物件の賃貸と購入の比較をした点について。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸と物件購入、どちらが得か

私は就職してからも実家で世話になり、そのまま職場結婚をしました。結婚時に新たに夫婦の住まいが必要となりましたが、自分たちは物件の購入を選択。新居は賃貸ではなく、一戸建てとなったので、私は賃貸物件に住むという経験がありません。

新居を検討中、もちろん賃貸にするか購入するか大いに悩みました。なにせ、当時私は24歳、主人は29歳。しかも年収はどちらも300万円代の低所得。結婚式の準備もあり、新居購入はなかなかハードルが高ったのです。しかし、調べてみると2人暮らしできる住居だと月に6万円以上は家賃がかかります。1人暮らしでもだいたいこの位はかかるそうですね。当時、共働きではありましたが、いずれは子育て等で自身の退職も考えており、月に手取りで20万円もいかないのに、1/4以上が家賃に消える…とても馬鹿らしく感じました。

実は物件も様々で、不動産やを巡っていると月6,7万円のローンで購入できるものもあります。都心部ではとても難しいかもしれませんが、一応都内でも2000〜3000万円台の物件はいくつかあります。頭金で両親に少し援助を頂きましたが、頭金さえなんとか用意できるようであれば、賃貸とそんな変わらない月々の支払で自分たちの物件が手に入るんです。若い人は物件購入なんて難しいと思いがちですが、若ければローンを組む年数も35年にできたり利点も。個人的には、賃貸で月々6万円近くも捨てるより、早い時期に決断して物件を購入し、自分の家の為にローンを支払っていく方が良いと考えます。特に私のように所得の低い方には、時期は早めがおススメです。家賃なんてとてももったいないです。