賃貸契約に必要な書類は住民票、源泉徴収票など多岐に渡ります。入居審査の間に揃えるようにしましょう。

誘引が新しく引っ越した賃貸マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加
誘引が新しく引っ越した賃貸マンション

賃貸契約に必要な書類は入居審査の間に

賃貸契約にはいろいろな書類が必要になります。仲介する不動産業者や入居する賃貸の家主さんによって提出書類は若干異なりますが、一般的には住民票や印鑑証明書、収入を証明するもの、保証人の源泉徴収票などです。収入を証明するものは入居審査の前に要求されることもあります。最近は個人情報保護の観点から求められることは少ないと思いますが、私は戸籍謄本まで求められたことがあります。今でも求める家主さんがひょっとするといるかもしれません。とにかく家主さんとしては身元をはっきりさせたいという気持ちがありますので、運転免許証のコピーなどを求められることもあります。運転免許証がない人は、身分証明証としてパスポートを求められることもあります。

入居審査が終わってからこれらを揃え出していては賃貸契約が遅くなってしまいますので、入居審査の間に揃えるようにしましょう。特に保証人の源泉徴収、所得証明はこちらでは動けませんので、早めに頼んでおきましょう。賃貸契約をすると鍵を受け取り、すぐに入居できる状態になります。入居に必要なお金はすべて契約日に支払うことになりますので、お金の準備もしておかなくてはなりません。契約の内容に疑問があれば、サインする前に必ず確認しておきましょう。